ライブハウスのロッカー事情(サイズ等) <ガールズバンドをライブハウスで>



ガールズバンドのライブを観る際、できるだけ手荷物は減らしたいものですよね。
でも、遠方のライブだったり、仕事帰りだったり、どうしても荷物を抱えてライブ会場入りすることも少なくないと思います。

その際に気になるのが、そのライブハウスのロッカー(コインロッカー)事情。たいていのライブハウスではロッカーが併設されています。ただし、「ロッカー有り」という情報だけで安心してはいけません。
ロッカー料金がベラボーに高いといったことはまずないでしょう。注意すべきは、ロッカーの数とサイズです。

まず、ロッカーの数。ただでさえ数の限られたロッカーですので、人気のガールズバンドのライブともなれば、ロッカーがすぐに埋まってしまうことも考えられます。

次に、ロッカーのサイズ。ライブハウスのロッカーは、駅やデパートのものと比べ、小さいタイプが多いです。小分けできる荷物ならば複数のロッカーを使うなんてこともできるでしょう。しかし、例えばPCバッグ(ノートパソコン)は、ライブハウスのロッカーに入るか入らないか、非常に微妙な代物の一つです。しかも高価で重いです。これをどこにも預けずに持ったままライブを観るのは、心身共にかなり大変なことです。

是非とも事前にネットで調べたりライブハウスに直接問合せたりして、ロッカー事情を把握しておきましょう。また、そもそものお話として、当然ながら、必ずしもライブハウス併設のコインロッカーを使用する必要はありません。近くのコインロッカーを探して、そこに預けておくのも手です。

個人的にオススメなのか、駅のコインロッカーです。
電車や地下鉄の乗り降りのついでに、ライブハウスの最寄りの駅のコインロッカーに預けることで、非常にスムーズ且つラクに荷物の出し入れができます。

ライブハウス併設のロッカーではなく、別の施設のロッカーを使うことのメリットをもう一つ。
たいていのライブハウスにおいては併設のコインロッカーは、チケットを提示し入場したライブハウス内に設置されています。ということは、入場した後に急いでロッカーを確保する必要があるということです。
このとき、前列を狙っている人などは特に、「ロッカーの確保」をしているうちに、もっと肝心な「観る場所の確保」ができない可能性が高くなってしまいます。 加えて、そもそも併設のロッカーが確保できる保証はありません。せっかく若い整理番号のライブチケットをゲットできても、その意味が薄れちゃいますよね。

別の施設のロッカーを使えば、そのような心配はなく、ライブハウス入場後は観たい場所にすぐさま直行できちゃいます。

ということで、、、お目当てのガールズバンドのライブを、手荷物の不安なく、そして手ぶらで快適に思う存分楽しみたいなら、ロッカーの上手な使い方をしましょう!

<< How to 目次に戻る



PAGETOP